相続 確定申告/暮らしの登記手続きナビ

  1. 暮らしの登記手続きナビTOP >
  2. 相続 確定申告

相続 確定申告に関する基礎知識記事や事例

相続 確定申告に関する記事は一時的に表示しておりません。
相続 または 確定申告に関する記事を表示しております。

相続 または 確定申告に関する基礎知識記事や事例

  • 相続事前調査

    相続事前調査

    相続事前調査とは、被相続人の出生から死亡に至るまでの 全ての戸籍を取り寄せ、被相続人の法定相続人が 誰にあたるかを調べる事です。 戸籍を調べていく内に、親族が知らなかった新たな相続人が...

  • 遺言

    遺言

    遺言というと「亡くなった方が最後に遺した言葉や手紙」という認識が 主となっており、これ自体ももちろん間違いではありません。 ですが法律などの場において遺言と言う場合、 これは「被相続人...

  • 資産承継

    資産承継

    悔いの無い財産計画を立てるためには、自身の財産について きちんと把握することが大切です。 しかし近年資産の形態は多様化しており、それに応じて財産内容が 複雑となり、ますます財産の把握が...

  • オーナー支援

    オーナー支援

    個人が所有しているマンションやアパートなどの不動産所得が多い場合には、 節税対策や相続対策として不動産管理会社の設立を検討する方も 多くいらっしゃるかと思いますが、会社を設立する際には様々な...

  • 相続人調査と財産調査

    相続人調査と財産調査

    「相続人調査」とは、相続の権利がある人(相続人)を調べることをいいます。 どうして調査をしなければならないかというと、相続は法律に基づいて適切に故人の財産を分配しなければならないからです。...

  • 遺言書(遺言状)にはどのくらい効力があるか

    遺言書(遺言状)にはどのくらい効力があるか

    遺言書は遺言状とも呼ばれ、相続の場面でしばしば登場します。まず重要なのは、遺言書が法的に有効であるためには、法律で定められた形式を守っていなければならないという点です(形式的有効性)。そして、遺...

  • 生前贈与

    生前贈与

    生前贈与とは、亡くなる前に行なう贈与契約のことをいいます。 相続・遺言手続きには、似たような事項として「死因贈与」や「遺贈」といったものがありますが、それぞれ異なります。 死因贈与は、贈...

  • 自筆証書遺言

    自筆証書遺言

    自筆証書遺言は遺言の形式の一つであり、最も手軽に作ることが出来る遺言書です。 条件としては「自筆で全文を記入する」、「日付を記載する」、「署名と捺印を行う」の三点で、このどれか一つでも欠けてし...

  • 法定相続分

    法定相続分

    法定相続人とは民法によって決められた相続人のことです。 相続をする優先順位が決まっており、 配偶者は必ず財産を受け取ることができますが、 事実上の配偶者、要するに内縁の妻や内縁の夫のよ...

  • 納税額の算定

    納税額の算定

    相続によって手に入れた財産には、税金がかかる可能性があります。 様々な控除がありますので、かからないことも多くありますが、 もしも払うべき税金を支払わなければ、支払わなかった分に さらに加...

暮らしの登記手続きナビが提供する基礎知識

  • 会社の設立登記会社の設立登記

    会社を設立する場合、商業登記の一つである会社の設立登記を しなけ...

  • 不動産登記不動産登記

    不動産登記とは、私達にとって大事な財産である、 土地や建物の所在...

  • 会社設立会社設立

    会社を設立するにあたっては、定款の作成・認証や登記などの手続きが必...

  • 資産管理会社で相続対策資産管理会社で相続対策

    相続の際に多額の税金を課されてしまうことを避け、より多くの資産を残...

  • 株式会社を設立するメリット株式会社を設立する...

    株式会社を設立するメリットとしては次のようなものが挙げられます。 ...

  • 不動産購入・売却不動産購入・売却

    不動産売買は、売買契約書を取り交わし、代金の支払いと引き換えに、 ...

  • 会社法施行に伴う各種変更登記会社法施行に伴う各...

    会社法は会社を設立する上で根拠となっている法律の一つです。 ...

  • 会社設立の流れ会社設立の流れ

    事業計画や資金計画などを立てます。このとき、会社の機関設計(取締役...

  • 遺言書(遺言状)にはどのくらい効力があるか遺言書(遺言状)に...

    遺言書は遺言状とも呼ばれ、相続の場面でしばしば登場します。まず重要...

【渡邊司法書士事務所の対応エリア】

ページトップへ