登記 法務局/暮らしの登記手続きナビ

  1. 暮らしの登記手続きナビTOP >
  2. 登記 法務局

登記 法務局に関する基礎知識記事や事例

  • 不動産登記申請書の書き方

    不動産登記申請書の書き方

    生前贈与などで不動産の所有者を変更する場合には、不動産登記申請書を法務局に提出しなければなりません。しかし、登記申請書には様式はなく、ご自身で作成されることになります。 申請書に記載する事...

  • オーナー支援

    オーナー支援

    個人が所有しているマンションやアパートなどの不動産所得が多い場合には、 節税対策や相続対策として不動産管理会社の設立を検討する方も 多くいらっしゃるかと思いますが、会社を設立する際には様々な...

  • 不動産の所有権移転登記

    不動産の所有権移転登記

    不動産の所有権を移転する際には、法務局で不動産の 所有権移転登記をする必要があります。 登記をすることにより、不動産の状況と権利関係を第三者にも 分かるようにすると共に、不動産の所有権...

  • 会社の設立登記

    会社の設立登記

    会社を設立する場合、商業登記の一つである会社の設立登記を しなければいけません。 まず、定款作成および認証手続き、資本金の払い込み等会社法上の 手続を済ませた時点で会社の設立登記の申請...

  • 会社設立の流れ

    会社設立の流れ

    事業計画や資金計画などを立てます。このとき、会社の機関設計(取締役の人数や監査役の有無)や本店所在地、商号なども決めるとよいでしょう。市場動向なども踏まえた上で、会社が存続していけるような無理の...

  • 商業登記

    商業登記

    商業登記とは商法・会社法などの規定により記載が義務づけられた 一定の事項を法務局の商業登記簿に記載(登記)することです。 社会一般の人々に公示されるため、個人商人および会社において取引上...

  • 資産管理会社設立までの流れ

    資産管理会社設立までの流れ

     資産管理会社は、通常の会社のうち、不動産の保有または管理を事業とする会社をいいます。つまり、「資産管理会社」という特別な会社形態があるわけではなく、通常の株式会社や合同会社の一種に過ぎません。...

  • 相続を司法書士に依頼するメリット

    相続を司法書士に依頼するメリット

    相続は、いつか必ず、誰もが経験することです。 しかし、日々の忙しさや相続の際の法律知識の不足によって、きちんとした相続手続きが行われていないことが実態として多くあります。その結果、相続をめぐっ...

  • 法人設立

    法人設立

    法人設立の手続きは、まず会社の名前である商号、 目的となる事業内容、そして本店となる住所を定めなければいけません。 商号を決めるときには、類似商号がないかネットなどを使い調査しておきまし...

  • 会社の変更登記

    会社の変更登記

    会社の設立は、法務局にて法人登記をして初めて公に認められます。 しかし、登記をした内容(登記事項)が変更になった場合は、 変更登記が必要です。 その場合には、変更があってから2週間以内...

暮らしの登記手続きナビが提供する基礎知識

  • 最低限必要な株式会社の設立費用最低限必要な株式会...

    株式会社設立に際して最低限必要な費用としては下記のような費用がかか...

  • 債権者保護手続き債権者保護手続き

    債権者保護手続きとは、債権者の利益を害する可能性のある行為を会社が...

  • 資産管理会社設立までの流れ資産管理会社設立ま...

     資産管理会社は、通常の会社のうち、不動産の保有または管理を事業と...

  • 抵当権の設定・抹消抵当権の設定・抹消

    家を購入したときの住宅ローンなど、不動産を担保にお金を借りた場合に...

  • 遺言書作成遺言書作成

    相続は、人が亡くなると必ず発生する手続きです。 そして相続は財産...

  • 株式会社と合同会社の設立株式会社と合同会社の設立

    株式会社と合同会社は、ともに間接有限責任の会社形態ですが、設立コス...

  • 法定相続分法定相続分

    法定相続人とは民法によって決められた相続人のことです。 相続...

  • 相続事前調査相続事前調査

    相続事前調査とは、被相続人の出生から死亡に至るまでの 全ての戸籍...

  • 遺留分、遺留分侵害額請求権とは遺留分、遺留分侵害...

    遺留分とは、一定の相続人に留保された相続財産の一定の割合であり、被...

【渡邊司法書士事務所の対応エリア】

ページトップへ