登記 会社/暮らしの登記手続きナビ

  1. 暮らしの登記手続きナビTOP >
  2. 登記 会社

登記 会社に関する基礎知識記事や事例

  • 最低限必要な株式会社の設立費用

    最低限必要な株式会社の設立費用

    株式会社設立に際して最低限必要な費用としては下記のような費用がかかります。 定款に貼る収入印紙代:4万円 定款の認証手数料:5万円 登記申請の際に必要な登録免許税:最低15万円(資本金...

  • 会社設立に必要な書類

    会社設立に必要な書類

    会社設立に必要な書類としては、主に下記のような費用があります。 登記申請書 定款 発起人決定書 取締役就任承諾書 印鑑届書 取締役の印鑑証明書 印鑑カード交付申請書 払込みを...

  • 本店・支店の移転登記

    本店・支店の移転登記

    商業登記法の中に本店・支店の移転をした際には、 移転による変更登記を申請しなければいけないと記載されています。 移転登記の提出の仕方ですが、所定の申請書を作成のうえ、 所要の添付書類を...

  • 会社法施行に伴う各種変更登記

    会社法施行に伴う各種変更登記

    会社法は会社を設立する上で根拠となっている法律の一つです。 会社法では、会社の形態や資本・株式に関することや M&Aに関することなどが定められています。 日本で登記されている株式会...

  • 会社設立の流れ

    会社設立の流れ

    事業計画や資金計画などを立てます。このとき、会社の機関設計(取締役の人数や監査役の有無)や本店所在地、商号なども決めるとよいでしょう。市場動向なども踏まえた上で、会社が存続していけるような無理の...

  • 会社再編関連登記

    会社再編関連登記

    子会社の企業の業績が良くないので親会社と一緒になったり、 販売力の強化などを図るときために競合他社と一緒になるのが合併です。 営業譲渡、会社分割はいずれも2週間以内に登記を申請することが...

  • 会社設立に必要なもの

    会社設立に必要なもの

    また、定款に貼る収入印紙代4万円は電子定款を作成する際には必要となりません。 ■書類 会社設立に必要な書類としては、主に下記のような書類があります。 登記申請書 定款 発起...

  • 商業登記

    商業登記

    商業登記とは商法・会社法などの規定により記載が義務づけられた 一定の事項を法務局の商業登記簿に記載(登記)することです。 社会一般の人々に公示されるため、個人商人および会社において取引上...

  • 司法書士に任せてた場合の費用

    司法書士に任せてた場合の費用

    司法書士に会社設立を依頼された場合には、会社設立の必要費用にプラスして司法書士への報酬が発生します。株式会社の場合、会社設立にはおよそ30万円ほどが必要となるため、司法書士への報酬をプラスすると...

  • 会社設立後の手続き

    会社設立後の手続き

    会社の登記までの手続きが終了したら、税務署や都道府県、市区町村、年金事務所などでの手続きが必要となります。 ■税務署での手続き 登記が完了すると、法人税などを納めることになる税務署に「法...

暮らしの登記手続きナビが提供する基礎知識

  • 相続相続

    相続とは人が亡くなった時、その人が有していた財産を 配偶者や子供...

  • 遺言遺言

    遺言というと「亡くなった方が最後に遺した言葉や手紙」という認識が ...

  • オーナー支援オーナー支援

    個人が所有しているマンションやアパートなどの不動産所得が多い場合に...

  • 相続を司法書士に依頼するメリット相続を司法書士に依...

    相続は、いつか必ず、誰もが経験することです。 しかし、日々の忙し...

  • 遺言書作成遺言書作成

    相続は、人が亡くなると必ず発生する手続きです。 そして相続は財産...

  • 遺産分割協議遺産分割協議

    遺産分割協議は、共有された遺産について各相続人が 話し合いにより...

  • 資産管理会社で相続対策資産管理会社で相続対策

    相続の際に多額の税金を課されてしまうことを避け、より多くの資産を残...

  • 会社設立の流れ会社設立の流れ

    事業計画や資金計画などを立てます。このとき、会社の機関設計(取締役...

  • 成年後見成年後見

    何らかの契約を行う場合、自分の行為がどのような結果になるかという ...

【渡邊司法書士事務所の対応エリア】

ページトップへ