司法書士 登記/暮らしの登記手続きナビ

  1. 暮らしの登記手続きナビTOP >
  2. 司法書士 登記

司法書士 登記に関する基礎知識記事や事例

  • 司法書士に任せてた場合の費用

    司法書士に任せてた場合の費用

    司法書士に会社設立を依頼された場合には、会社設立の必要費用にプラスして司法書士への報酬が発生します。株式会社の場合、会社設立にはおよそ30万円ほどが必要となるため、司法書士への報酬をプラスすると...

  • 会社設立

    会社設立

    会社を設立するにあたっては、定款の作成・認証や登記などの手続きが必要となります。また、会社設立後には、役員変更登記や本店所在地の変更に伴う定款の変更等が必要になることもあるでしょう。 これらの...

  • 資産管理会社設立までの流れ

    資産管理会社設立までの流れ

     資産管理会社は、通常の会社のうち、不動産の保有または管理を事業とする会社をいいます。つまり、「資産管理会社」という特別な会社形態があるわけではなく、通常の株式会社や合同会社の一種に過ぎません。...

  • 会社法施行に伴う各種変更登記

    会社法施行に伴う各種変更登記

    会社法は会社を設立する上で根拠となっている法律の一つです。 会社法では、会社の形態や資本・株式に関することや M&Aに関することなどが定められています。 日本で登記されている株式会...

  • 不動産名義書類

    不動産名義書類

    相続によって土地や建物などの所有権が移転する場合には、 不動産の名義変更手続きが必要になります。 不動産の名義変更手続きには様々な書類が必要です。 例えば、被相続人の最後の戸籍謄本と相...

  • 会社設立に必要な書類

    会社設立に必要な書類

    会社設立に必要な書類としては、主に下記のような費用があります。 登記申請書 定款 発起人決定書 取締役就任承諾書 印鑑届書 取締役の印鑑証明書 印鑑カード交付申請書 払込みを...

  • 遺産分割協議書の作成

    遺産分割協議書の作成

    遺産分割協議書とは、相続人が遺産分割において定めた事項を記載した書類です。最後に相続人全員の署名と押印をした遺産分割協議書は、相続の一連の流れにおいて、銀行口座の名義変更や不動産の相続登記、自動...

  • 会社の変更登記

    会社の変更登記

    会社の設立は、法務局にて法人登記をして初めて公に認められます。 しかし、登記をした内容(登記事項)が変更になった場合は、 変更登記が必要です。 その場合には、変更があってから2週間以内...

  • 不動産登記

    不動産登記

    不動産登記とは、私達にとって大事な財産である、 土地や建物の所在や面積のほか、その所有者の住所や氏名などを、 公の登記簿に記載し、これを一般に公開することで、 それらの権利関係の状態を明ら...

  • 本店・支店の移転登記

    本店・支店の移転登記

    商業登記法の中に本店・支店の移転をした際には、 移転による変更登記を申請しなければいけないと記載されています。 移転登記の提出の仕方ですが、所定の申請書を作成のうえ、 所要の添付書類を...

暮らしの登記手続きナビが提供する基礎知識

  • 相続人調査と財産調査相続人調査と財産調査

    「相続人調査」とは、相続の権利がある人(相続人)を調べることをいい...

  • 不動産の所有権移転登記不動産の所有権移転登記

    不動産の所有権を移転する際には、法務局で不動産の 所有権移転登記...

  • 法人設立法人設立

    法人設立の手続きは、まず会社の名前である商号、 目的となる事業内...

  • 相続事前調査相続事前調査

    相続事前調査とは、被相続人の出生から死亡に至るまでの 全ての戸籍...

  • 不動産名義書類不動産名義書類

    相続によって土地や建物などの所有権が移転する場合には、 不動産の...

  • 会社再編関連登記会社再編関連登記

    子会社の企業の業績が良くないので親会社と一緒になったり、 販売力...

  • 合同会社を設立するメリット合同会社を設立する...

    合同会社を設立するメリットとしては次のようなものが挙げられます。 ...

  • 会社設立の流れ会社設立の流れ

    事業計画や資金計画などを立てます。このとき、会社の機関設計(取締役...

  • 不動産登記申請書の書き方不動産登記申請書の書き方

    生前贈与などで不動産の所有者を変更する場合には、不動産登記申請書を...

【渡邊司法書士事務所の対応エリア】

ページトップへ