司法書士 登記/暮らしの登記手続きナビ

  1. 暮らしの登記手続きナビTOP >
  2. 司法書士 登記

司法書士 登記に関する基礎知識記事や事例

  • 本店・支店の移転登記

    本店・支店の移転登記

    商業登記法の中に本店・支店の移転をした際には、移転による変更登記を申請しなければいけないと記載されています。 移転登記の提出の仕方ですが、所定の申請書を作成のうえ、所要の添付書類を添付し、申請...

  • 会社設立を司法書士に依頼するメリット

    会社設立を司法書士に依頼するメリット

    会社設立は司法書士に依頼するのがベストといえます。 司法書士は「登記」のプロであり、さまざまな会社の登記や法務を通じて御社にとって最適なご提案をすることができます。例えば、会社設立に際して...

  • 会社設立に必要なもの

    会社設立に必要なもの

    ■書類 会社設立に必要な書類としては、主に下記のような書類があります。 登記申請書 定款 発起人決定書 取締役就任承諾書 印鑑届書 取締役の印鑑証明書 印鑑カード交付申請書 ...

  • 会社や法人の解散手続き

    会社や法人の解散手続き

    会社や法人を解散する場合は、解散および清算人就任登記と、債務や財産の事務手続きが全て完了した後に行う清算結了登記が必要です。その場合には、解散の日から2週間以内に解散および清算人就任登記をするこ...

  • オーナー支援

    オーナー支援

    個人が所有しているマンションやアパートなどの不動産所得が多い場合には、 節税対策や相続対策として不動産管理会社の設立を検討する方も 多くいらっしゃるかと思いますが、会社を設立する際には様々な...

  • 債権者保護手続き

    債権者保護手続き

    債権者保護手続きとは、債権者の利益を害する可能性のある行為を会社が行う際に、債権者が異議を述べることができる制度であり、債権者異議手続きともいいます。 ■資本金の額の減少 資本金の額を減...

  • 資産管理会社設立までの流れ

    資産管理会社設立までの流れ

     資産管理会社は、通常の会社のうち、不動産の保有または管理を事業とする会社をいいます。つまり、「資産管理会社」という特別な会社形態があるわけではなく、通常の株式会社や合同会社の一種に過ぎません。...

  • 最低限必要な株式会社の設立費用

    最低限必要な株式会社の設立費用

    株式会社設立に際して最低限必要な費用としては下記のような費用がかかります。 定款に貼る収入印紙代:4万円 定款の認証手数料:3~5万円(資本金の額による) 登記申請の際に必要な登録免許...

  • 相続

    相続

    相続とは人が亡くなった時、その人が有していた財産を配偶者や子供などが承継することを指します。ただし、注意をしたいのが「財産」にはプラスの財産もマイナスの財産もあるということです。 相続する意思...

  • 遺産分割協議書の作成

    遺産分割協議書の作成

    遺産分割協議書とは、相続人が遺産分割において定めた事項を記載した書類です。最後に相続人全員の署名と押印をした遺産分割協議書は、相続の一連の流れにおいて、銀行口座の名義変更や不動産の相続登記、自動...

暮らしの登記手続きナビが提供する基礎知識

  • 遺言書作成遺言書作成

    相続は、人が亡くなると必ず発生する手続きです。 そして相続は財産...

  • 資産管理会社を設立するメリット・デメリット資産管理会社を設立...

    最近は副業解禁が叫ばれていますが、それでもまだまだ就業規則によって...

  • 法人設立法人設立

    法人設立の手続きは、まず会社の名前である商号、 目的となる事業内...

  • 不動産名義書類不動産名義書類

    相続によって土地や建物などの所有権が移転する場合には、不動産の名義...

  • 会社設立の流れ会社設立の流れ

    事業計画や資金計画などを立てます。このとき、会社の機関設計(取締役...

  • 配偶者居住権は不動産登記にどうかかわるか?配偶者居住権は不動...

    民法の中でも相続に関して規定している、いわゆる相続法と呼ばれるもの...

  • 不動産の所有権移転登記不動産の所有権移転登記

    不動産の所有権を移転する際には、法務局で不動産の所有権移転登記をす...

  • 会社法施行に伴う各種変更登記会社法施行に伴う各...

    会社法は会社を設立する上で根拠となっている法律の一つです。 会社...

  • 遺言 公正証書遺言 公正証書

    遺言には、種類があり自筆、秘密、または公正証書遺言というものがあり...

【渡邊司法書士事務所の対応エリア】

ページトップへ