公正証書遺言 効力/暮らしの登記手続きナビ

  1. 暮らしの登記手続きナビTOP >
  2. 公正証書遺言 効力

公正証書遺言 効力に関する基礎知識記事や事例

公正証書遺言 効力に関する記事は一時的に表示しておりません。
公正証書遺言 または 効力に関する記事を表示しております。

公正証書遺言 または 効力に関する基礎知識記事や事例

  • 相続事前調査

    相続事前調査

    相続事前調査とは、被相続人の出生から死亡に至るまでの全ての戸籍を取り寄せ、被相続人の法定相続人が誰にあたるかを調べる事です。 戸籍を調べていく内に、親族が知らなかった新たな相続人が判明する可能...

  • 自筆証書遺言

    自筆証書遺言

    自筆証書遺言は遺言の形式の一つであり、最も手軽に作ることが出来る遺言書です。 条件としては「自筆で全文を記入する」、「日付を記載する」、「署名と捺印を行う」の三点で、このどれか一つでも欠けてし...

  • 会社設立の流れ

    会社設立の流れ

    事業計画や資金計画などを立てます。このとき、会社の機関設計(取締役の人数や監査役の有無)や本店所在地、商号なども決めるとよいでしょう。市場動向なども踏まえた上で、会社が存続していけるような無理の...

  • 相続人調査

    相続人調査

    相続人調査は相続の手続きの中でまず最初に行うべきもののひとつです。 この手続きは「誰が相続人になるのか」ということを明らかにして、相続権を持つ人物がその手続きから知らないうちに除外されてしまう...

  • 登記事項証明書の全部事項証明書と現在事項証明書の違い

    登記事項証明書の全部事項証明書と現在事項証明書の違い

    登記事項証明書とは、土地や建物の登記について登記内容を印刷した証明書です。かつては登記簿謄本という名称でしたが、効果に違いはありません。登記事項証明書には全部事項証明書と現在事項証明書があります...

  • 遺言書(遺言状)にはどのくらい効力があるか

    遺言書(遺言状)にはどのくらい効力があるか

    遺言書は遺言状とも呼ばれ、相続の場面でしばしば登場します。まず重要なのは、遺言書が法的に有効であるためには、法律で定められた形式を守っていなければならないという点です(形式的有効性)。そして、遺...

  • 遺言 公正証書

    遺言 公正証書

    遺言には、種類があり自筆、秘密、または公正証書遺言というものがあります。 この公正証書遺言の特色は、公証人役場で法律の専門家が作成するものなので、内容が無効となる恐れが少ないことです。一般的に...

暮らしの登記手続きナビが提供する基礎知識

  • 不動産購入・売却不動産購入・売却

    不動産売買は、売買契約書を取り交わし、代金の支払いと引き換えに、不...

  • 相続人調査と財産調査相続人調査と財産調査

    「相続人調査」とは、相続の権利がある人(相続人)を調べることをいい...

  • 成年後見成年後見

    何らかの契約を行う場合、自分の行為がどのような結果になるかという ...

  • 本店・支店の移転登記本店・支店の移転登記

    商業登記法の中に本店・支店の移転をした際には、移転による変更登記を...

  • 会社の変更登記会社の変更登記

    会社の設立は、法務局にて法人登記をして初めて公に認められます。しか...

  • 会社法施行に伴う各種変更登記会社法施行に伴う各...

    会社法は会社を設立する上で根拠となっている法律の一つです。 会社...

  • 司法書士に任せた場合の費用司法書士に任せた場...

    司法書士に会社設立を依頼された場合には、会社設立の必要費用にプラス...

  • 遺留分、遺留分侵害額請求権とは遺留分、遺留分侵害...

    遺留分とは、一定の相続人に留保された相続財産の一定の割合であり、被...

  • 生前贈与生前贈与

    生前贈与とは、亡くなる前に行なう贈与契約のことをいいます。 相続...

【渡邊司法書士事務所の対応エリア】

ページトップへ