会社設立 相談/暮らしの登記手続きナビ

  1. 暮らしの登記手続きナビTOP >
  2. 会社設立 相談

会社設立 相談に関する基礎知識記事や事例

  • 会社設立の流れ

    会社設立の流れ

    事業計画や資金計画などを立てます。このとき、会社の機関設計(取締役の人数や監査役の有無)や本店所在地、商号なども決めるとよいでしょう。市場動向なども踏まえた上で、会社が存続していけるような無理の...

  • 最低限必要な株式会社の設立費用

    最低限必要な株式会社の設立費用

    株式会社設立に際して最低限必要な費用としては下記のような費用がかかります。 定款に貼る収入印紙代:4万円 定款の認証手数料:3~5万円(資本金の額による) 登記申請の際に必要な登録免許...

  • 合同会社を設立するメリット

    合同会社を設立するメリット

    合同会社を設立するメリットとしては次のようなものが挙げられます。 ・機関設計の自由度が高い ・会社設立に際して設立コストが株式会社ほどかからない。 ・役員の任期がなく、更新の必要がない...

  • 会社設立を司法書士に依頼するメリット

    会社設立を司法書士に依頼するメリット

    会社設立は司法書士に依頼するのがベストといえます。 司法書士は「登記」のプロであり、さまざまな会社の登記や法務を通じて御社にとって最適なご提案をすることができます。例えば、会社設立に際して...

  • 株式会社と合同会社の設立

    株式会社と合同会社の設立

    株式会社と合同会社は、ともに間接有限責任の会社形態ですが、設立コストや社会的な認知度・信用力の面で違いがあります。 ■株式会社について 株式会社は株式公開ができ、社会的な認知度・信用力が...

  • 会社設立

    会社設立

    会社を設立するにあたっては、定款の作成・認証や登記などの手続きが必要となります。また、会社設立後には、役員変更登記や本店所在地の変更に伴う定款の変更等が必要になることもあるでしょう。 これらの...

  • 会社設立に必要な書類

    会社設立に必要な書類

    会社設立に必要な書類としては、主に下記のような書類があります。 登記申請書 定款 発起人決定書 取締役就任承諾書 印鑑届書 取締役の印鑑証明書 印鑑カード交付申請書 払込みを...

  • 資産管理会社設立までの流れ

    資産管理会社設立までの流れ

     資産管理会社は、通常の会社のうち、不動産の保有または管理を事業とする会社をいいます。つまり、「資産管理会社」という特別な会社形態があるわけではなく、通常の株式会社や合同会社の一種に過ぎません。...

  • 資産管理会社を設立するメリット・デメリット

    資産管理会社を設立するメリット・デメリット

    最近は副業解禁が叫ばれていますが、それでもまだまだ就業規則によって副業が禁止されているというサラリーマンの方は多いのではないでしょうか。しかし、年々高くなる保険料や物価など、家計を圧迫させる要素...

  • 会社設立に必要なもの

    会社設立に必要なもの

    ■書類 会社設立に必要な書類としては、主に下記のような書類があります。 登記申請書 定款 発起人決定書 取締役就任承諾書 印鑑届書 取締役の印鑑証明書 印鑑カード交付申請書 ...

暮らしの登記手続きナビが提供する基礎知識

  • 会社法施行に伴う各種変更登記会社法施行に伴う各...

    会社法は会社を設立する上で根拠となっている法律の一つです。 会社...

  • 会社設立を司法書士に依頼するメリット会社設立を司法書士...

    会社設立は司法書士に依頼するのがベストといえます。 司法書士...

  • オーナー支援オーナー支援

    個人が所有しているマンションやアパートなどの不動産所得が多い場合に...

  • 債権者保護手続き債権者保護手続き

    債権者保護手続きとは、債権者の利益を害する可能性のある行為を会社が...

  • 遺言書(遺言状)にはどのくらい効力があるか遺言書(遺言状)に...

    遺言書は遺言状とも呼ばれ、相続の場面でしばしば登場します。まず重要...

  • 法定相続分法定相続分

    法定相続人とは民法によって決められた相続人のことです。 相続をす...

  • 司法書士に任せた場合の費用司法書士に任せた場...

    司法書士に会社設立を依頼された場合には、会社設立の必要費用にプラス...

  • 抵当権の設定・抹消抵当権の設定・抹消

    家を購入したときの住宅ローンなど、不動産を担保にお金を借りた場合に...

  • 資産承継資産承継

    悔いの無い財産計画を立てるためには、自身の財産についてきちんと把握...

【渡邊司法書士事務所の対応エリア】

ページトップへ