不動産 法律/暮らしの登記手続きナビ

  1. 暮らしの登記手続きナビTOP >
  2. 不動産 法律

不動産 法律に関する基礎知識記事や事例

  • 資産管理会社設立までの流れ

    資産管理会社設立までの流れ

     資産管理会社は、通常の会社のうち、不動産の保有または管理を事業とする会社をいいます。つまり、「資産管理会社」という特別な会社形態があるわけではなく、通常の株式会社や合同会社の一種に過ぎません。...

  • 配偶者居住権は不動産登記にどうかかわるか?

    配偶者居住権は不動産登記にどうかかわるか?

    民法の中でも相続に関して規定している、いわゆる相続法と呼ばれるものが改正され、2020年4月1日から配偶者居住権(民法1028条)と呼ばれるものが創設されました。配偶者居住権とは、配偶者が相続開...

  • 資産管理会社で相続対策

    資産管理会社で相続対策

    相続の際に多額の税金を課されてしまうことを避け、より多くの資産を残すためには準備が最も重要です。 中でも、最も効果的な手法の一つと考えられているのが、「資産管理会社」の活用です。 資産管理会...

  • 不動産購入・売却

    不動産購入・売却

    不動産売買は、売買契約書を取り交わし、代金の支払いと引き換えに、不動産の引き渡しを受けただけでは終わりではありません。法務局への名義書換の登記手続き、つまり不動産登記まで終わらせて、初めて完了し...

  • 不動産の所有権移転登記

    不動産の所有権移転登記

    不動産の所有権を移転する際には、法務局で不動産の所有権移転登記をする必要があります。 登記をすることにより、不動産の状況と権利関係を第三者にも分かるようにすると共に、不動産の所有権が自分にある...

  • 相続を司法書士に依頼するメリット

    相続を司法書士に依頼するメリット

    相続は、いつか必ず、誰もが経験することです。 しかし、日々の忙しさや相続の際の法律知識の不足によって、きちんとした相続手続きが行われていないことが実態として多くあります。その結果、相続をめぐっ...

  • 遺言

    遺言

    遺言というと「亡くなった方が最後に遺した言葉や手紙」という認識が主となっており、これ自体ももちろん間違いではありません。 ですが法律などの場において遺言と言う場合、これは「被相続人が相続に際し...

暮らしの登記手続きナビが提供する基礎知識

  • 自筆証書遺言自筆証書遺言

    自筆証書遺言は遺言の形式の一つであり、最も手軽に作ることが出来る遺...

  • 会社の変更登記会社の変更登記

    会社の設立は、法務局にて法人登記をして初めて公に認められます。しか...

  • 株式会社を設立するメリット株式会社を設立する...

    株式会社を設立するメリットとしては次のようなものが挙げられます。 ...

  • 抵当権の設定・抹消抵当権の設定・抹消

    家を購入したときの住宅ローンなど、不動産を担保にお金を借りた場合に...

  • 会社設立に必要なもの会社設立に必要なもの

    ■書類 会社設立に必要な書類としては、主に下記のような書類があり...

  • 会社や法人の解散手続き会社や法人の解散手続き

    会社や法人を解散する場合は、解散および清算人就任登記と、債務や財産...

  • 不動産名義書類不動産名義書類

    相続によって土地や建物などの所有権が移転する場合には、不動産の名義...

  • 遺言 公正証書遺言 公正証書

    遺言には、種類があり自筆、秘密、または公正証書遺言というものがあり...

  • 登記事項証明書の全部事項証明書と現在事項証明書の違い登記事項証明書の全...

    登記事項証明書とは、土地や建物の登記について登記内容を印刷した証明...

【渡邊司法書士事務所の対応エリア】

ページトップへ