マンション経営 収入/暮らしの登記手続きナビ

  1. 暮らしの登記手続きナビTOP >
  2. マンション経営 収入

マンション経営 収入に関する基礎知識記事や事例

マンション経営 収入に関する記事は一時的に表示しておりません。
マンション経営 または 収入に関する記事を表示しております。

マンション経営 または 収入に関する基礎知識記事や事例

  • 会社設立に必要なもの

    会社設立に必要なもの

    また、定款に貼る収入印紙代4万円は電子定款を作成する際には必要となりません。 ■書類 会社設立に必要な書類としては、主に下記のような書類があります。 登記申請書 定款 発起...

  • 会社の設立登記

    会社の設立登記

    会社を設立する場合、商業登記の一つである会社の設立登記を しなければいけません。 まず、定款作成および認証手続き、資本金の払い込み等会社法上の 手続を済ませた時点で会社の設立登記の申請...

  • 法人設立

    法人設立

    法人設立の手続きは、まず会社の名前である商号、 目的となる事業内容、そして本店となる住所を定めなければいけません。 商号を決めるときには、類似商号がないかネットなどを使い調査しておきまし...

  • 資産管理会社で相続対策

    資産管理会社で相続対策

    相続の際に多額の税金を課されてしまうことを避け、より多くの資産を残すためには準備が最も重要です。 中でも、最も効果的な手法の一つと考えられているのが、「資産管理会社」の活用です。 資産管理会...

  • 司法書士に任せてた場合の費用

    司法書士に任せてた場合の費用

    司法書士に会社設立を依頼された場合には、会社設立の必要費用にプラスして司法書士への報酬が発生します。株式会社の場合、会社設立にはおよそ30万円ほどが必要となるため、司法書士への報酬をプラスすると...

  • 会社設立の流れ

    会社設立の流れ

    事業計画や資金計画などを立てます。このとき、会社の機関設計(取締役の人数や監査役の有無)や本店所在地、商号なども決めるとよいでしょう。市場動向なども踏まえた上で、会社が存続していけるような無理の...

  • 相続した後の家賃収入は誰になるか

    相続した後の家賃収入は誰になるか

    相続が発生した場合、遺言や法定相続分に応じた相続がされますが、アパートを経営して収入を得ている方はアパートでの家賃収入はどのように相続されるのでしょうか。不動産を相続するにあたっては、分割がしづ...

  • 最低限必要な株式会社の設立費用

    最低限必要な株式会社の設立費用

    株式会社設立に際して最低限必要な費用としては下記のような費用がかかります。 定款に貼る収入印紙代:4万円 定款の認証手数料:5万円 登記申請の際に必要な登録免許税:最低15万円(資本金...

  • 資産管理会社を設立するメリット・デメリット

    資産管理会社を設立するメリット・デメリット

    最近は副業解禁が叫ばれていますが、それでもまだまだ就業規則によって副業が禁止されているというサラリーマンの方は多いのではないでしょうか。しかし、年々高くなる保険料や物価など、家計を圧迫させる要素...

暮らしの登記手続きナビが提供する基礎知識

  • 不動産管理会社不動産管理会社

    不動産管理会社とは、個人が所有しているマンションなどの物件を 管...

  • 抵当権の設定・抹消抵当権の設定・抹消

    家を購入したときの住宅ローンなど、不動産を担保にお金を借りた場合に...

  • ローン返済・借り換えローン返済・借り換え

    借り換えとは、ある業者から借りたお金を返済するために 別の業者か...

  • 登記事項証明書の全部事項証明書と現在事項証明書の違い登記事項証明書の全...

     登記事項証明書とは、土地や建物の登記について登記内容を印刷した証...

  • 相続した後の家賃収入は誰になるか相続した後の家賃収...

    相続が発生した場合、遺言や法定相続分に応じた相続がされますが、アパ...

  • 遺産分割協議遺産分割協議

    遺産分割協議は、共有された遺産について各相続人が 話し合いにより...

  • 会社設立の流れ会社設立の流れ

    事業計画や資金計画などを立てます。このとき、会社の機関設計(取締役...

  • 会社設立会社設立

    会社を設立するにあたっては、定款の作成・認証や登記などの手続きが必...

  • 会社設立後の手続き会社設立後の手続き

    会社の登記までの手続きが終了したら、税務署や都道府県、市区町村、年...

【渡邊司法書士事務所の対応エリア】

ページトップへ