遺言/暮らしの登記手続きナビ

  1. 暮らしの登記手続きナビTOP >
  2. 遺言に関する記事一覧 >
  3. 遺言

遺言

遺言というと「亡くなった方が最後に遺した言葉や手紙」という認識が
主となっており、これ自体ももちろん間違いではありません。

ですが法律などの場において遺言と言う場合、
これは「被相続人が相続に際して相続する財産の配分を
決めるために記した文書」ということになります。

これを遺すことのメリットはいくつかありますが、
何よりも大きいのが被相続人がその相続の割合などを
決めることが出来るということです。

相続においては法定相続という法律によって定められた割合が
存在していますが、相続に際して必ずしもこの割合を
適用させたくないということもあるでしょう。

また不動産については、例えばご自宅をお子様の一人に遺したい場合には、
遺言を作成しておく方がスムーズです。

また、息子の配偶者や孫などになると法定相続権がありませんから、
そうした人に対して相続を行いたいという場合にも遺言に残す必要があります。

死後の相続争いなどを避ける効果もありますので、
可能な限り遺言は作成しておいた方が良いでしょう。

暮らしの登記手続きナビが提供する基礎知識

【渡邊司法書士事務所の対応エリア】

ページトップへ