自筆証書遺言/暮らしの登記手続きナビ

  1. 暮らしの登記手続きナビTOP >
  2. 遺言に関する記事一覧 >
  3. 自筆証書遺言

自筆証書遺言

自筆証書遺言は遺言の形式の一つであり、最も手軽に作ることが出来る遺言書です。
条件としては「自筆で全文を記入する」、「日付を記載する」、「署名と捺印を行う」の三点で、このどれか一つでも欠けてしまうと無効とされてしまいます。

もっとも、平成29年に民法の相続法部分が改正された結果として、自署でない財産目録を添付して、自筆証書遺言を作成することができるようになりました。これは、特に高齢者にとっては、全文を自署するということは、かなりの労力を伴うもので、大変であるためです。この改正は、公布の日から起算して6月を経過した、平成31年1月13日に施行されました。また、封筒に納めた上で押印をした場合は開封前に家庭裁判所での検認が必要となります。

この自筆証書遺言を利用することのメリットは何よりも手軽に作れることにあります。
公証人役場などに出向く必要はありませんし、そのため入院中や病床に伏せているなどで外に出ることが出来ない事情のある人が一人で作成することもできます。
しかし遺言に書いたこと全てに法的効力が認められるわけではなく、例えば、物件や相続人の記載に誤りや曖昧な部分があって無効とされることもあります。
そのため、司法書士などの専門家との相談無しに作成すると、内容に問題があった場合、遺言書が無効となってしまう可能性があります。
また、遺言書の方式に不備があっても無効にされてしまうので、作成の際には専門家と相談することをお勧めします。

暮らしの登記手続きナビが提供する基礎知識

  • 会社の設立登記会社の設立登記

    会社を設立する場合、商業登記の一つである会社の設立登記をしなければ...

  • 会社設立を司法書士に依頼するメリット会社設立を司法書士...

    会社設立は司法書士に依頼するのがベストといえます。 司法書士...

  • 株式会社を設立するメリット株式会社を設立する...

    株式会社を設立するメリットとしては次のようなものが挙げられます。 ...

  • 会社や法人の解散手続き会社や法人の解散手続き

    会社や法人を解散する場合は、解散および清算人就任登記と、債務や財産...

  • 会社の変更登記会社の変更登記

    会社の設立は、法務局にて法人登記をして初めて公に認められます。しか...

  • 遺産分割協議遺産分割協議

    遺産分割協議は、共有された遺産について各相続人が話し合いにより分割...

  • 遺言書(遺言状)にはどのくらい効力があるか遺言書(遺言状)に...

    遺言書は遺言状とも呼ばれ、相続の場面でしばしば登場します。まず重要...

  • 司法書士に任せた場合の費用司法書士に任せた場...

    司法書士に会社設立を依頼された場合には、会社設立の必要費用にプラス...

  • 成年後見成年後見

    何らかの契約を行う場合、自分の行為がどのような結果になるかという ...

【渡邊司法書士事務所の対応エリア】

ページトップへ