遺言に関する記事一覧

  1. 暮らしの登記手続きナビTOP >
  2. 遺言に関する記事一覧
遺言のご相談なら
子どもの将来や配偶者の将来を考えたとき、ご自分の財産や想いをできるだけ正確に伝えたいと感じている方は多いのではないでしょうか?
遺言は、そのようなお気持ちをご自身が亡くなった後にも伝えられる有効な手段です。例えば、「実家は同居している長男に相続して、所有しているコインパーキングは数年後に定年を迎える次男に、長女には孫の学費のために現金を相続させる」といったご自身の考えも、遺言であれば実現することが可能です。また、遺言には付記事項を付け加えることもでき、家族円満や孫の成長を願うお気持ちも伝えることができます。
当サイトを管理しております、江戸川区西葛西の渡邊司法書士事務所では、長年にわたって苦労して積み上げてきた資産や、ご家族にとって大切な財産だけでなく、多くの人生経験の中で感じてきた想いも伝えられる遺言作成をサポート致します。財産が他の都道府県にある場合でも、丁寧に対応させていただきますので、江戸川区葛西地域で遺言作成についてお悩みの際は、お気軽にご相談ください。
遺言に関する基礎知識や事例
  • 遺言遺言

    遺言というと「亡くなった方が最後に遺した言葉や手紙」という認識が主となっており、これ自体ももちろん間違いではありません。 ですが法律などの場において遺言と言う場合、これは「被相続人が相続に際し...

  • 遺言 公正証書遺言 公正証書

    遺言には、種類があり自筆、秘密、または公正証書遺言というものがあります。 この公正証書遺言の特色は、公証人役場で法律の専門家が作成するものなので、内容が無効となる恐れが少ないことです。一般的に...

  • 相続事前調査相続事前調査

    相続事前調査とは、被相続人の出生から死亡に至るまでの全ての戸籍を取り寄せ、被相続人の法定相続人が誰にあたるかを調べる事です。 戸籍を調べていく内に、親族が知らなかった新たな相続人が判明する可能...

  • 遺言書作成遺言書作成

    相続は、人が亡くなると必ず発生する手続きです。 そして相続は財産に関するものなので、その分配方法や相続人について争いやトラブルが生じ易いものです。実際に体験したことがない人でもテレビなどを見て...

  • 自筆証書遺言自筆証書遺言

    自筆証書遺言は遺言の形式の一つであり、最も手軽に作ることが出来る遺言書です。 条件としては「自筆で全文を記入する」、「日付を記載する」、「署名と捺印を行う」の三点で、このどれか一つでも欠けてし...

  • 遺言書(遺言状)にはどのくらい効力があるか遺言書(遺言状)にはどのくらい効力があるか

    遺言書は遺言状とも呼ばれ、相続の場面でしばしば登場します。まず重要なのは、遺言書が法的に有効であるためには、法律で定められた形式を守っていなければならないという点です(形式的有効性)。そして、遺...

暮らしの登記手続きナビが提供する基礎知識

  • 商業登記商業登記

    商業登記とは商法・会社法などの規定により記載が義務づけられた一定の...

  • 抵当権の設定・抹消抵当権の設定・抹消

    家を購入したときの住宅ローンなど、不動産を担保にお金を借りた場合に...

  • 会社の設立登記会社の設立登記

    会社を設立する場合、商業登記の一つである会社の設立登記をしなければ...

  • 司法書士に任せた場合の費用司法書士に任せた場...

    司法書士に会社設立を依頼された場合には、会社設立の必要費用にプラス...

  • 遺言書(遺言状)にはどのくらい効力があるか遺言書(遺言状)に...

    遺言書は遺言状とも呼ばれ、相続の場面でしばしば登場します。まず重要...

  • 相続人調査相続人調査

    相続人調査は相続の手続きの中でまず最初に行うべきもののひとつです。...

  • 会社設立後の手続き会社設立後の手続き

    会社の登記までの手続きが終了したら、税務署や都道府県、市区町村、年...

  • 不動産登記不動産登記

    不動産登記とは、私達にとって大事な財産である、土地や建物の所在や面...

  • 遺留分、遺留分侵害額請求権とは遺留分、遺留分侵害...

    遺留分とは、一定の相続人に留保された相続財産の一定の割合であり、被...

【渡邊司法書士事務所の対応エリア】

ページトップへ