相続/暮らしの登記手続きナビ

  1. 暮らしの登記手続きナビTOP >
  2. 相続に関する記事一覧 >
  3. 相続

相続

相続とは人が亡くなった時、その人が有していた財産を
配偶者や子供などが承継することを指します。

ただし、注意をしたいのが「財産」にはプラスの財産も
マイナスの財産もあるということです。

相続する意思を示してしまうと住宅など承継したい財産だけではなく、
本来であれば受け取りたくない借金などの財産も承継せざるを
得なくなってしまうのです。

そのため、相続をする際には財産の全容を把握し、
相続をするかしないか判断する必要があります。

実際に相続に関する手続きをする場合には、
戸籍謄本や遺産分割協議書など様々な書類が必要となりますが、
その際はできるだけ司法書士などの法律の専門家に依頼をし、
確実な手続きをできるようにしましょう。

特に相続登記の手続きは、司法書士や弁護士のみが代理人として
行なうことのできる業務として定められており、
行政書士や税理士は行なうことができません。

暮らしの登記手続きナビが提供する基礎知識

  • 遺産分割協議遺産分割協議

    遺産分割協議は、共有された遺産について各相続人が 話し合いにより...

  • 資産承継資産承継

    悔いの無い財産計画を立てるためには、自身の財産について きちんと...

  • 資産管理会社で相続対策資産管理会社で相続対策

    相続の際に多額の税金を課されてしまうことを避け、より多くの資産を残...

  • 不動産名義書類不動産名義書類

    相続によって土地や建物などの所有権が移転する場合には、 不動産の...

  • 不動産の所有権移転登記不動産の所有権移転登記

    不動産の所有権を移転する際には、法務局で不動産の 所有権移転登記...

  • 法人設立法人設立

    法人設立の手続きは、まず会社の名前である商号、 目的となる事業内...

  • 会社設立を司法書士に依頼するメリット会社設立を司法書士...

    会社設立は司法書士に依頼するのがベストといえます。 司法書士...

  • 遺言書作成遺言書作成

    相続は、人が亡くなると必ず発生する手続きです。 そして相続は財産...

  • 本店・支店の移転登記本店・支店の移転登記

    商業登記法の中に本店・支店の移転をした際には、 移転による変更登...

【渡邊司法書士事務所の対応エリア】

ページトップへ