相続を司法書士に依頼するメリット/暮らしの登記手続きナビ

  1. 暮らしの登記手続きナビTOP >
  2. 相続に関する記事一覧 >
  3. 相続を司法書士に依頼するメリット

相続を司法書士に依頼するメリット

相続は、いつか必ず、誰もが経験することです。
しかし、日々の忙しさや相続の際の法律知識の不足によって、きちんとした相続手続きが行われていないことが実態として多くあります。その結果、相続をめぐって争いが起きることもしばしばあります。

それでは準備をするためにはどうすればよいのでしょうか。
相続では遺産分割協議や遺言の作成、不動産登記などの様々な手続きが必要となります。
これらを自分たちの独力で対処しようとしても難しいのが現実です。
そこで、司法書士などの専門家の出番となるのです。
相談することができる専門家にはいくつか種類がありますが、土地・建物の不動産登記でお悩みの際は、司法書士に相談すると良いでしょう。
不動産の生前贈与や相続の際には、不動産の所有者が変更することになります。
そのため、法務局(登記所)で所有権移転登記をしなければならないのですが、経験や知識がなければ手間と時間がかかってしまいます。
司法書士はこうした登記の専門家ですから、依頼をすることで迅速に手続きを済ますことが可能です。また、登記申請の代理権を有しているため、依頼人は申請のために役所や法務局に足を運ぶ必要がありません。

さらに、司法書士は遺言書の検認や相続放棄の一部手続きを代理することができます。
遺産を相続する際にトラブルが起きないようにするため、事前に行うべきことは沢山あります。相続に関して分からない点やお悩みがありましたら、司法書士にご相談ください。

暮らしの登記手続きナビが提供する基礎知識

【渡邊司法書士事務所の対応エリア】

ページトップへ