法定相続分/暮らしの登記手続きナビ

  1. 暮らしの登記手続きナビTOP >
  2. 相続に関する記事一覧 >
  3. 法定相続分

法定相続分

法定相続人とは民法によって決められた相続人のことです。
相続をする優先順位が決まっており、配偶者は必ず財産を受け取ることができますが、事実上の配偶者、要するに内縁の妻や内縁の夫のように婚姻届が出されていない関係であった場合には法定相続人としては認められませんので注意が必要です。
その他の親族は自分の順位によって相続できるかできないかが決まります。配偶者以外の親族の相続順位は、「子」が第一順位、父母や祖父母などの「直系尊属」が第二順位、「兄弟姉妹」が第三順位となっています。相続人が複数いる時は各相続人の取り分が問題となりますが、民法上定められた取り分を法定相続分といいます。配偶者は必ず法定相続分が存在しているため、例えば夫が亡くなったが妻への遺産相続を父母が拒絶しているとしても特段の事情が無い限りは法定相続分を受け取る権利があります。
実際に分配される量もこの優先度順に多く分配され、例えば配偶者と父母が遺産を受け取る場合の分配率は配偶者が2/3、父母が二人合計で1/3となっています。

暮らしの登記手続きナビが提供する基礎知識

  • 会社設立に必要な書類会社設立に必要な書類

    会社設立に必要な書類としては、主に下記のような書類があります。 ...

  • 資産承継資産承継

    悔いの無い財産計画を立てるためには、自身の財産についてきちんと把握...

  • 不動産の相続登記とは不動産の相続登記とは

    不動産の相続登記とは、相続が生じた際に不動産の名義を相続人に変更す...

  • 資産管理会社を設立するメリット・デメリット資産管理会社を設立...

    最近は副業解禁が叫ばれていますが、それでもまだまだ就業規則によって...

  • 会社再編関連登記会社再編関連登記

    子会社の企業の業績が良くないので親会社と一緒になったり、販売力の強...

  • 会社や法人の解散手続き会社や法人の解散手続き

    会社や法人を解散する場合は、解散および清算人就任登記と、債務や財産...

  • 法人設立法人設立

    法人設立の手続きは、まず会社の名前である商号、 目的となる事業内...

  • 成年後見成年後見

    何らかの契約を行う場合、自分の行為がどのような結果になるかという ...

  • 会社の設立登記会社の設立登記

    会社を設立する場合、商業登記の一つである会社の設立登記をしなければ...

【渡邊司法書士事務所の対応エリア】

ページトップへ