相続に関する記事一覧

  1. 暮らしの登記手続きナビTOP >
  2. 相続に関する記事一覧
相続のご相談なら
ご家族や親しい方が亡くなったとき、必要なのは葬儀や形見分けだけではありません。相続手続きを行ってはじめて新たな一歩を進めることができます。
相続手続きにはさまざまな種類があり、誰からどのような財産を承継するのかによって方法は千差万別です。例えば、「資産家だと思われていた方が、実は多くの借金を背負っていた」といったケースも十分に考えられ、その場合は相続放棄をすることになるでしょう。
また、逆に思わぬ資産が見つかるようなケースもあり、相続人調査や財産調査などの段階から専門家に依頼をして盤石な体制で相続手続きを行っていくことが新しい生活の安心につながります。
令和3年4月には相続登記の義務化が法制化されました。令和6年4月より、相続人には相続の開始があったことを知り、かつ、当該所有権を取得したことを知った日から3年以内に相続の登記を申請しなければならないという義務が課せられ、手続きを怠った場合、最高10万円の過料に科せられます。
当サイトを管理しております、江戸川区西葛西の渡邊司法書士事務所では、相続についてお困りの方のサポートを行わせていただいております。無料相談会や相続税に詳しい税理士との提携を通じて、お客様のご要望に応じたお手伝いをいたしますので、お悩みの際はお気軽にご相談ください。
相続に関する基礎知識や事例
  • 相続相続

    相続とは人が亡くなった時、その人が有していた財産を配偶者や子供などが承継することを指します。ただし、注意をしたいのが「財産」にはプラスの財産もマイナスの財産もあるということです。 相続する意思...

  • 不動産名義書類不動産名義書類

    相続によって土地や建物などの所有権が移転する場合には、不動産の名義変更手続きが必要になります。不動産の名義変更手続きには様々な書類が必要です。 例えば、被相続人の最後の戸籍謄本と相続人の現在の...

  • 相続人調査相続人調査

    相続人調査は相続の手続きの中でまず最初に行うべきもののひとつです。 この手続きは「誰が相続人になるのか」ということを明らかにして、相続権を持つ人物がその手続きから知らないうちに除外されてしまう...

  • 納税額の算定納税額の算定

    相続によって手に入れた財産には、税金がかかる可能性があります。 様々な控除がありますので、かからないことも多くありますが、もしも払うべき税金を支払わなければ、支払わなかった分にさらに加算して税...

  • 遺産分割協議遺産分割協議

    遺産分割協議は、共有された遺産について各相続人が話し合いにより分割する手続きのことを言います。 あくまでも協議つまりは話し合いをして穏便にきめる合意形成の場でありますが、遺産の取り分については...

  • 法定相続分法定相続分

    法定相続人とは民法によって決められた相続人のことです。 相続をする優先順位が決まっており、配偶者は必ず財産を受け取ることができますが、事実上の配偶者、要するに内縁の妻や内縁の夫のように婚姻届が...

  • 遺産分割協議書の作成遺産分割協議書の作成

    遺産分割協議書とは、相続人が遺産分割において定めた事項を記載した書類です。最後に相続人全員の署名と押印をした遺産分割協議書は、相続の一連の流れにおいて、銀行口座の名義変更や不動産の相続登記、自動...

  • 生前贈与生前贈与

    生前贈与とは、亡くなる前に行なう贈与契約のことをいいます。 相続・遺言手続きには、似たような事項として「死因贈与」や「遺贈」といったものがありますが、それぞれ異なります。死因贈与は、贈与者が亡...

  • 相続を司法書士に依頼するメリット相続を司法書士に依頼するメリット

    相続は、いつか必ず、誰もが経験することです。 しかし、日々の忙しさや相続の際の法律知識の不足によって、きちんとした相続手続きが行われていないことが実態として多くあります。その結果、相続をめぐっ...

  • 資産管理会社で相続対策資産管理会社で相続対策

    相続の際に多額の税金を課されてしまうことを避け、より多くの資産を残すためには準備が最も重要です。 中でも、最も効果的な手法の一つと考えられているのが、「資産管理会社」の活用です。 資産管理会...

  • 相続人調査と財産調査相続人調査と財産調査

    「相続人調査」とは、相続の権利がある人(相続人)を調べることをいいます。 どうして調査をしなければならないかというと、相続は法律に基づいて適切に故人の財産を分配しなければならないからです。...

  • 遺留分、遺留分侵害額請求権とは遺留分、遺留分侵害額請求権とは

    遺留分とは、一定の相続人に留保された相続財産の一定の割合であり、被相続人の生前処分または死因処分によって奪うことのできないものをいいます。これは、本来は、被相続人がその財産を生前にどのように処分...

暮らしの登記手続きナビが提供する基礎知識

  • 遺言書(遺言状)にはどのくらい効力があるか遺言書(遺言状)に...

    遺言書は遺言状とも呼ばれ、相続の場面でしばしば登場します。まず重要...

  • 会社設立に必要なもの会社設立に必要なもの

    ■書類 会社設立に必要な書類としては、主に下記のような書類があり...

  • 会社設立会社設立

    会社を設立するにあたっては、定款の作成・認証や登記などの手続きが必...

  • 会社設立を司法書士に依頼するメリット会社設立を司法書士...

    会社設立は司法書士に依頼するのがベストといえます。 司法書士...

  • 資産管理会社設立までの流れ資産管理会社設立ま...

     資産管理会社は、通常の会社のうち、不動産の保有または管理を事業と...

  • 資産管理会社で相続対策資産管理会社で相続対策

    相続の際に多額の税金を課されてしまうことを避け、より多くの資産を残...

  • 会社法施行に伴う各種変更登記会社法施行に伴う各...

    会社法は会社を設立する上で根拠となっている法律の一つです。 会社...

  • 成年後見成年後見

    何らかの契約を行う場合、自分の行為がどのような結果になるかという ...

  • 相続事前調査相続事前調査

    相続事前調査とは、被相続人の出生から死亡に至るまでの全ての戸籍を取...

【渡邊司法書士事務所の対応エリア】

ページトップへ