本店・支店の移転登記/暮らしの登記手続きナビ

  1. 暮らしの登記手続きナビTOP >
  2. 商業登記に関する記事一覧 >
  3. 本店・支店の移転登記

本店・支店の移転登記

商業登記法の中に本店・支店の移転をした際には、移転による変更登記を申請しなければいけないと記載されています。
移転登記の提出の仕方ですが、所定の申請書を作成のうえ、所要の添付書類を添付し、申請人(法人の代表者)かまたはその代理人が、登記を申請する会社や法人の本店・支店の所在地を管轄する登記所(法務局、地方法務局等)に提出します。事前に該当法務局のホームページで、提出書類の種類の確認をすることをおすすめします。
法人の代表者以外が申請する場合は、委任状が必要になるので注意が必要です。移転してから2週間以内に登記を申請することが義務付けられていますので、移転したら早めの対処が必要になります。
しかし、移転による登記にはこのような複雑な手続きが必要となるため、確実に手続きを進めたい場合は、司法書士などの法律の専門家に相談することをおすすめします。

暮らしの登記手続きナビが提供する基礎知識

  • 会社法施行に伴う各種変更登記会社法施行に伴う各...

    会社法は会社を設立する上で根拠となっている法律の一つです。 会社...

  • 登記事項証明書の全部事項証明書と現在事項証明書の違い登記事項証明書の全...

    登記事項証明書とは、土地や建物の登記について登記内容を印刷した証明...

  • 不動産登記不動産登記

    不動産登記とは、私達にとって大事な財産である、土地や建物の所在や面...

  • 不動産管理会社不動産管理会社

    不動産管理会社とは、個人が所有しているマンションなどの物件を 管...

  • 債権者保護手続き債権者保護手続き

    債権者保護手続きとは、債権者の利益を害する可能性のある行為を会社が...

  • 遺言書(遺言状)にはどのくらい効力があるか遺言書(遺言状)に...

    遺言書は遺言状とも呼ばれ、相続の場面でしばしば登場します。まず重要...

  • 株式会社と合同会社の設立株式会社と合同会社の設立

    株式会社と合同会社は、ともに間接有限責任の会社形態ですが、設立コス...

  • 資産管理会社を設立するメリット・デメリット資産管理会社を設立...

    最近は副業解禁が叫ばれていますが、それでもまだまだ就業規則によって...

  • 遺言書作成遺言書作成

    相続は、人が亡くなると必ず発生する手続きです。 そして相続は財産...

【渡邊司法書士事務所の対応エリア】

ページトップへ