商業登記/暮らしの登記手続きナビ

  1. 暮らしの登記手続きナビTOP >
  2. 商業登記に関する記事一覧 >
  3. 商業登記

商業登記

商業登記とは商法・会社法などの規定により記載が義務づけられた
一定の事項を法務局の商業登記簿に記載(登記)することです。

社会一般の人々に公示されるため、個人商人および会社において取引上、
重要なものを登記すれば、取引の相手方に安全性を証明でき、
取引を迅速に行うことができます。

定款の作成等、会社の設立手続きを終えた場合、商業登記法では
決められた期間内に会社設立の登記をするように定められています。

また、登記された内容(事項証明)変更に関しても速やかに
商業登記の変更を行わないといけません。
具体的には本社を移転する場合、法人の社名変更する場合、
資本金を増やす場合、役員の辞任・変更をする場合などがあります。

最近では商業登記の手続きを説明したサイトなどがあり、
個人で登記することも可能ですが、種類も多く、変更などを怠ると、
裁判所から過料通知が届く場合があるので、
司法書士に依頼する方が安全といえます。

暮らしの登記手続きナビが提供する基礎知識

  • 遺言遺言

    遺言というと「亡くなった方が最後に遺した言葉や手紙」という認識が ...

  • 会社再編関連登記会社再編関連登記

    子会社の企業の業績が良くないので親会社と一緒になったり、 販売力...

  • 相続を司法書士に依頼するメリット相続を司法書士に依...

    相続は、いつか必ず、誰もが経験することです。 しかし、日々の忙し...

  • 遺言書作成遺言書作成

    相続は、人が亡くなると必ず発生する手続きです。 そして相続は財産...

  • 相続相続

    相続とは人が亡くなった時、その人が有していた財産を 配偶者や子供...

  • 遺言 公正証書遺言 公正証書

    遺言には、種類があり自筆、秘密、または公正証書遺言というものがあり...

  • 資産管理会社で相続対策資産管理会社で相続対策

    相続の際に多額の税金を課されてしまうことを避け、より多くの資産を残...

  • 法人設立法人設立

    法人設立の手続きは、まず会社の名前である商号、 目的となる事業内...

  • 会社設立後の手続き会社設立後の手続き

    会社の登記までの手続きが終了したら、税務署や都道府県、市区町村、年...

【渡邊司法書士事務所の対応エリア】

ページトップへ