会社法施行に伴う各種変更登記/暮らしの登記手続きナビ

  1. 暮らしの登記手続きナビTOP >
  2. 商業登記に関する記事一覧 >
  3. 会社法施行に伴う各種変更登記

会社法施行に伴う各種変更登記

会社法は会社を設立する上で根拠となっている法律の一つです。

会社法では、会社の形態や資本・株式に関することや
M&Aに関することなどが定められています。

日本で登記されている株式会社はすべて、
この会社法に基づいて定められているため、
会社法の法改正があった場合には、新たな手続きや、
それに応じた変更登記を行わなくてはなりません。

法改正が公布されてから施行されるまでには一定期間が定められています。

もしも、法改正があることを知った場合には司法書士などの
法律の専門家に相談し、法改正の内容を説明してもらい、
必要に合わせて登記の変更を行なってもらうようにしてください。

暮らしの登記手続きナビが提供する基礎知識

  • 遺言書(遺言状)にはどのくらい効力があるか遺言書(遺言状)に...

    遺言書は遺言状とも呼ばれ、相続の場面でしばしば登場します。まず重要...

  • 遺言書作成遺言書作成

    相続は、人が亡くなると必ず発生する手続きです。 そして相続は財産...

  • 不動産の相続登記とは不動産の相続登記とは

    不動産の相続登記とは、相続が生じた際に不動産の名義を相続人に変更す...

  • 債権者保護手続き債権者保護手続き

    債権者保護手続きとは、債権者の利益を害する可能性のある行為を会社が...

  • 会社設立を司法書士に依頼するメリット会社設立を司法書士...

    会社設立は司法書士に依頼するのがベストといえます。 司法書士...

  • 遺言 公正証書遺言 公正証書

    遺言には、種類があり自筆、秘密、または公正証書遺言というものがあり...

  • 資産承継資産承継

    悔いの無い財産計画を立てるためには、自身の財産について きちんと...

  • 登記事項証明書の全部事項証明書と現在事項証明書の違い登記事項証明書の全...

     登記事項証明書とは、土地や建物の登記について登記内容を印刷した証...

  • 遺留分、遺留分侵害額請求権とは遺留分、遺留分侵害...

    遺留分とは、一定の相続人に留保された相続財産の一定の割合であり、被...

【渡邊司法書士事務所の対応エリア】

ページトップへ