不動産購入・売却/暮らしの登記手続きナビ

  1. 暮らしの登記手続きナビTOP >
  2. 不動産登記に関する記事一覧 >
  3. 不動産購入・売却

不動産購入・売却

不動産売買は、売買契約書を取り交わし、代金の支払いと引き換えに、
不動産の引き渡しを受けただけでは終わりではありません。

法務局への名義書換の登記手続き、つまり不動産登記まで終わらせて、
初めて完了したと言えます。

不動産登記には、買主の所有権移転登記や、抵当権設定登記だけでなく、
売主の住所変更登記や抵当権抹消登記などの登記も発生する場合があります。

また、不動産売買などの契約をする場合には、契約を一度結んだら
簡単には解除できないことが多く、契約書の内容についても
よく考える必要があります。

そのため、不動産売買の手続きをする際には、契約書の取り交わしから
登記の変更手続きまでを司法書士などの法律の専門家に
依頼することをおすすめします。司法書士などの専門家に
依頼をすることにより、確実に手続きを進めることができ、
安心して不動産売買を行なうことができます。

暮らしの登記手続きナビが提供する基礎知識

  • ローン返済・借り換えローン返済・借り換え

    借り換えとは、ある業者から借りたお金を返済するために 別の業者か...

  • 会社設立会社設立

    会社を設立するにあたっては、定款の作成・認証や登記などの手続きが必...

  • 相続事前調査相続事前調査

    相続事前調査とは、被相続人の出生から死亡に至るまでの 全ての戸籍...

  • 相続相続

    相続とは人が亡くなった時、その人が有していた財産を 配偶者や子供...

  • 会社設立に必要なもの会社設立に必要なもの

    また、定款に貼る収入印紙代4万円は電子定款を作成する際には必要とな...

  • 遺留分、遺留分侵害額請求権とは遺留分、遺留分侵害...

    遺留分とは、一定の相続人に留保された相続財産の一定の割合であり、被...

  • 抵当権の設定・抹消抵当権の設定・抹消

    家を購入したときの住宅ローンなど、不動産を担保にお金を借りた場合に...

  • 遺言書(遺言状)にはどのくらい効力があるか遺言書(遺言状)に...

    遺言書は遺言状とも呼ばれ、相続の場面でしばしば登場します。まず重要...

  • 会社設立の流れ会社設立の流れ

    事業計画や資金計画などを立てます。このとき、会社の機関設計(取締役...

【渡邊司法書士事務所の対応エリア】

ページトップへ