代表者あいさつ/渡邊司法書士事務所

渡邊司法書士事務所 /相続、遺言、資産承継、不動産登記、商業登記

  1. 渡邊司法書士事務所TOP >
  2. 資格者挨拶
渡邊司法書士事務所の代表者あいさつ
我々は「お客様の夢の実現をお手伝いすること」を大切にしています

はじめまして。代表司法書士の渡邊利明と申します。
私はこれまで業歴30年以上の経験を活かし、お客様一人一人のご相談に、全身全霊で解決に向けて努力してまいりました。
生まれも育ちも江戸川区葛西。これまで地元密着でコツコツと努力して参りました。
葛西や江戸川区、ひいては城東エリア、東葛、京葉エリアと一歩づつではありますが信頼を勝ち得て参りました。
小さな事務所ではありますが、それ故にお一人おひとりのお気持ちに寄り添った対応が可能なのだと思っております。

司法書士というのは、基本的にはお客様が必要な手続きを代行する"資格者代理人"としての仕事です。ですが、実際にそれだけでは良い仕事はできないのです。
例えば相続の場合、相続を受ける方が何人かいた場合、話し合いがもつれれば相談に乗ったり、出向いて行ったりしなければならないケースがあります。その時、私としては、できる限りのことをして差し上げたいと思うのです。相続の問題で親族の仲が悪くなってしまうというようなことがないよう、司法書士として私の経験からアドバイスができればと思っております。

我々司法書士はお客様からのご相談に対して、あくまで法律の規定に乗っ取ってお手伝いするという使命があります。場合によっては「できません」とお断りせざるを得ない場合もあります。
しかし、法律上問題なく、お客様にとってより結果を生み出せるのであれば、親身になってできる限りのお手伝いをさせていただきたいというのが、私のスタンスです。

「承継コンサルティング」を目指して

昨今、法改正を背景に「相続」への注目が高まっているなか、不動産オーナー様が税対策として、管理法人を設立するケースが増えています。
事務所の特長は、ただ法人の設立登記を手続きするだけではなく、オーダーに応じた法人形態をご提案する、ということです。他の法人登記も多くの案件を経験しており、個人の司法書士事務所の中ではかなり多い方であると思います。それを踏まえたご提案はご評価頂いております。

また私自身、司法書士であり不動産管理会社を持つ身でありまして、それ故、オーナー様の置かれております環境を自分事として理解できますので、一人一人のお心に寄り添いながら仕事ができるのも強みではないかと思っております。

お客様にとって何がベストかを一緒に考え、喜んでいただける結果をつくるために、結果だけではなく、そのプロセスにおいてもご満足いただけるよう努めてまいります。

渡邊司法書士事務所が提供する基礎知識

  • 法人設立法人設立

    法人設立の手続きは、まず会社の名前である商号、 目的となる事業内...

  • 遺産分割協議書の作成遺産分割協議書の作成

    遺産分割協議書とは、相続人が遺産分割において定めた事項を記載した書...

  • 商業登記商業登記

    商業登記とは商法・会社法などの規定により記載が義務づけられた 一...

  • 会社設立会社設立

    会社を設立するにあたっては、定款の作成・認証や登記などの手続きが必...

  • 自筆証書遺言自筆証書遺言

    自筆証書遺言は遺言の形式の一つであり、 最も手軽に作ることが出来...

  • 登記事項証明書の全部事項証明書と現在事項証明書の違い登記事項証明書の全...

     登記事項証明書とは、土地や建物の登記について登記内容を印刷した証...

  • 相続相続

    相続とは人が亡くなった時、その人が有していた財産を 配偶者や子供...

  • 不動産登記申請書の書き方不動産登記申請書の書き方

    生前贈与などで不動産の所有者を変更する場合には、不動産登記申請書を...

  • 資産管理会社を設立するメリット・デメリット資産管理会社を設立...

    最近は副業解禁が叫ばれていますが、それでもまだまだ就業規則によって...

【渡邊司法書士事務所の対応エリア】

ページトップへ