不動産登記に関する記事一覧

不動産登記に関する相続、遺言、資産承継、不動産登記、商業登記の対応は渡邊司法書士事務所にお任せ下さい。

  1. 渡邊司法書士事務所TOP >
  2. 不動産登記に関する記事一覧
不動産登記のご相談なら
土地や建物などの不動産は非常に大切な資産です。大切な資産であることから、登記制度が存在し、登記をすることによって、ご自身の権利を第三者の方にも主張することができます。
不動産登記にはさまざまな種類があり、売買移転に基づく所有権移転登記や住宅ローンを返済したときに必要になることが多い抵当権抹消登記などが身近なケースとなるでしょう。また、賃借権設定登記や地上権設定登記が必要なケースもあることかと思います。これらの登記手続きは、登記申請書の作成以外にも登記原因証明情報の作成や、印鑑証明書・住民票などの添付書類収集が必要となりますが、簡単な登記手続きであっても、専門家ではない方が行うには手間と時間がかかります。また、多額の金銭が関わる手続きとなるため、不備があると登記ができない場合もあります。
当事務所では、登記手続きのプロフェッショナルであり、豊富な実務経験も兼ね備えた司法書士が、迅速かつ正確に登記を行います。江戸川区西葛西地域を中心に対応しておりますので、お困りの際はお気軽にご相談ください。
不動産登記に関する基礎知識や事例
  • 不動産登記不動産登記

    不動産登記とは、私達にとって大事な財産である、 土地や建物の所在や面積のほか、その所有者の住所や氏名などを、 公の登記簿に記載し、これを一般に公開することで、 それらの権利関係の状態を明ら...

  • 不動産購入・売却不動産購入・売却

    不動産売買は、売買契約書を取り交わし、代金の支払いと引き換えに、 不動産の引き渡しを受けただけでは終わりではありません。 法務局への名義書換の登記手続き、つまり不動産登記まで終わらせて、...

  • 不動産の所有権移転登記不動産の所有権移転登記

    不動産の所有権を移転する際には、法務局で不動産の 所有権移転登記をする必要があります。 登記をすることにより、不動産の状況と権利関係を第三者にも 分かるようにすると共に、不動産の所有権...

  • 抵当権の設定・抹消抵当権の設定・抹消

    家を購入したときの住宅ローンなど、不動産を担保にお金を借りた場合には、 抵当権の設定をします。 抵当権とは、設定した債権者がその不動産について、 競売を申し立てることができ、他の債権者...

  • 登記事項証明書の全部事項証明書と現在事項証明書の違い登記事項証明書の全部事項証明書と現在事項証明書の違い

     登記事項証明書とは、土地や建物の登記について登記内容を印刷した証明書です。かつては登記簿謄本という名称でしたが、効果に違いはありません。  登記事項証明書には全部事項証明書と現在事項証明...

  • 不動産登記申請書の書き方不動産登記申請書の書き方

    生前贈与などで不動産の所有者を変更する場合には、不動産登記申請書を法務局に提出しなければなりません。しかし、登記申請書には様式はなく、ご自身で作成されることになります。 申請書に記載する事...

渡邊司法書士事務所が提供する基礎知識

  • 株式会社を設立するメリット株式会社を設立する...

    株式会社を設立するメリットとしては次のようなものが挙げられます。 ...

  • 会社の変更登記会社の変更登記

    会社の設立は、法務局にて法人登記をして初めて公に認められます。 ...

  • 相続を司法書士に依頼するメリット相続を司法書士に依...

    相続は、いつか必ず、誰もが経験することです。 しかし、日々の忙し...

  • 相続相続

    相続とは人が亡くなった時、その人が有していた財産を 配偶者や子供...

  • 遺産分割協議書の作成遺産分割協議書の作成

    遺産分割協議書とは、相続人が遺産分割において定めた事項を記載した書...

  • 成年後見成年後見

    何らかの契約を行う場合、自分の行為がどのような結果になるかという ...

  • 遺産分割協議遺産分割協議

    遺産分割協議は、共有された遺産について各相続人が 話し合いにより...

  • 会社の設立登記会社の設立登記

    会社を設立する場合、商業登記の一つである会社の設立登記を しなけ...

  • 不動産登記申請書の書き方不動産登記申請書の書き方

    生前贈与などで不動産の所有者を変更する場合には、不動産登記申請書を...

【渡邊司法書士事務所の対応エリア】

ページトップへ